フィリピンのセブ・ドゥマゲテに初めて旅行する方へ 持ち物リスト◎

Pocket

 

ドゥマゲッティスキー高野です!

今回は『フィリピンのセブ・ドゥマゲテに初めての旅行をする際に持っていくべき持ち物チェックリスト』について記事を書いてみたいと思います◎

フィリピンの学園都市ドゥマゲッティはこんな街です!

セブは知っているけれど、ドゥマゲテって?と思われた方はこちら↑の記事をご参考にして頂けたら嬉しいです!

ご参考になれば幸いです(^^)

 

✾持ち物チェックリスト✾

パスポート:空港のチェックインカウンターではeチケットを提示しなくてもパスポートの提示のみで手続きを進めてくれると思います。

パスポートのコピー:顔写真のあるページのコピーをお持ちください。万が一パスポートを紛失した際の保険の役割もありますし、パスポートの代わりとして持ち歩くことでIDとして提示することもできます。

航空券(eチケットの控え):eチケットの控えを携帯電話もしくはパソコンに保存しておくか、印刷してお持ちください。セブからドゥマゲッティに行く際にセブ空港のチェックインカウンター手前・持ち物検査の入り口で提示を求められます。

現金:セブ空港でペソに両替した方が全然レートが良いので日本での両替は不要です。セブ空港の両替所(Exchenge)は出口手前、右手にあります。ここで最小限の両替をすることをおすすめします。ドゥマゲッティの街中にある両替所はさらにレートが良いです。

クレジットカード:大抵のホテルはクレジットカードで決済することが可能です。レストランによってはクレジットカードで決済することも可能です。

海外旅行保険証:クレジットカード付帯の海外旅行保険でも大丈夫です。海外旅行保険内容を確認・印刷して、万が一の連絡先などが分かるようにしておくと良いと思います。

パソコン・充電器:パソコンの充電器は変換プラグがなくても、そのまま充電できます。

携帯電話・充電器:携帯電話の充電器は変換プラグがなくても、そのまま充電できます。

ビデオカメラ・デジタルカメラ・充電器:ビデオカメラ・デジタルカメラの充電器は変換プラグがなくても、そのまま充電できます。

長袖の上着:機内が冷えているときがありますので、ぜひお持ちください。

歯ブラシ・歯磨き粉:ホテルによっては常備されていないところもあるのでお持ちください。こちらはスーツケースに入れてください(下記※をご参照ください)。

シャンプー・リンス:基本的にホテルに常備してありますが、使い慣れたものが良い場合はお持ちください。こちらはスーツケースに入れてください。

ボディソープ・石鹸:基本的にホテルに常備してありますが、使い慣れたものが良い場合はお持ちください。こちらはスーツケースに入れてください。

帽子:日差しが強いので、ぜひお持ちください。セブ・ドゥマゲッティでも安く買えます。

サングラス:日差しが強いので、ぜひお持ちください。セブ・ドゥマゲッティでも安く買えます。

ビーチサンダル:セブ・ドゥマゲッティでも安く買えます。

動きやすい服・靴:基本的には半袖・半ズボンなどの軽装で大丈夫です。服はかさばるので最小限で大丈夫です。

水着:必要に応じてお持ちください。

小さなバッグ:食事・散策などに出掛ける移動用としてあると重宝します。

日焼け止めクリーム:紫外線が強いので、ぜひお持ちください。こちらはスーツケースに入れてください。

虫よけスプレー・かゆみ止め:こちらはスーツケースに入れてください。

フェイスタオル・タオル:タオル・バスタオルはホテルにあります。最小限で大丈夫です。

折り畳み傘:スコールが降る場合がありますので、お持ちください。

ドライヤー・変換プラグ:ドライヤーは電圧が異なるため、日本製のものをそのまま使用することができません。変換プラグはセブ・ドゥマゲッティで購入された方が確実なものを購入できますので、セブ・ドゥマゲッティで購入されることをおすすめします。ドライヤーはホテルによっては常備されています。

扇子:うちわはかさばるので、扇子をおすすめします。

ポケットティッシュ:フィリピンは基本的にトイレにトイレットペーパーがない所が多いため、少し多めにお持ちください。セブ・ドゥマゲッティでも購入できます。

ウェットティッシュ:フィリピンのレストランはおしぼりの文化がありませんので、食前のお手拭き替わりにお持ち頂くと良いと思います。セブ・ドゥマゲッティでも購入できます。

常備薬・酔い止め:乗り物酔いがご心配の場合はお持ちください。

ビニール袋:洗濯物やゴミなどを入れるための袋です。

ボールペン:フィリピンに入国する際に入国カードを記入する必要があります。入国カードは機内で配布されます。下記※をご参照ください。

◇洗濯物干し(ロープなど)

 

※『スーツケースに入れてください』と記載してあるのは、機内持ち込みバッグに入れて手荷物検査をすると液体とみなされて没収される危険性があるためです。スーツケースに入れておけば安心です(^^)

『初めてセブに行かれる方へ』という記事をご覧になって頂ければ、入国カードの記入方法がお分かり頂けるかと思います。

 

記事をご覧になってくださり、ありがとうございました!

 

Pocket



  5mail

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です